今日からできるおうち英語

働くママののびのび教育 & 日々のつぶやき

お客様は「上司」であることの葛藤

f:id:Hanashino:20220216120601j:plain

 

私は、某大企業の経営戦略室のような部署に所属しています。

 

この部署に異動するまでは、キャリアの半分を営業職として働いていました。

営業職は、クライアントにモノやサービスを得ると言うシンプルな職業です。

目的もわかりやすいし、成功や失敗の定義もわかりやすい仕事です。

 

一方で今の仕事は、戦略立案や調査分析の仕事です。

 

会社が国内外の企業とどう提携をして事業拡大をしていくか、どのような分野または企業に投資をして儲けていくか、などの戦略を立てていく部署になります。

 

一見聞こえは良いですが、業務の大半は、経営陣から突然降りてくる、指令に対応することです。

 

「この企業との提携ポテンシャルを調べてくれ」

「この分野を調査してくれ」

「この海外の分野が日本に進出した時の影響について分析してくれ」

 

ももちろん、ただ調査分析するだけではありません。

 

自分たちで、自分たちなりに、結論を出します。

その結論に、経営陣は大きく左右されることもあります。

 

ふと考える時があります。私のお客様は上司達なんだと。

 

営業の時に比べれば、閉塞的な仕事だなぁと。

 

調査資料の提出先も上司、評価を決めるのも上司。

 

社外のお客様であれば、打ち合わせをセッティングして、丁寧に用件を聞いて提案活動をすることができます。

 

ただ上司の場合、非常にぶっきらぼうに、案件が降りてきます。

 

そのぶっきらぼうな依頼に対して、どういう意図があるのか、どういう資料にしていきたいのか、様々憶測をしながら、成果物を作っていきます。

 

会社として情報共有は大事ですが、すべての経営課題や経営戦略を、私たちメンバーに共有するのは難しいのです。

 

ふと、やりがいは何なのだろう?。と思うことがあります。

 

仮に素晴らしい調査資料を作成したところで、世の中に出るわけではありません。

 

上司が、経営会議の手持ち資料として、持っていき、1つの材料となって消えることが多いのです。

 

自分自身に経験として残るものもあります。

資料作成能力や、質の高い調査分析、 プロジェクトを 推進することも多いので、リーダーシップも鍛えられているかもしれません。

 

この会社で培った能力を、いつかは、もう少し直接、世のため人のために発揮できますようにと思っている きょうこの頃です。